ストーンコーティング

ストーンコーティング(天然石コーティング)とは

玄関ホール(室内の石材の床面)、キッチン(流し台の天板)人工大理石
簡単なお手入れで、美観を保てる様に素材を保護します。
天然石や人工大理石の表面に石専用の液剤で手作業で丁寧に塗り込みます。

水の浸みこみを押さえ、変質・変色を防止。輝きを美しく保ちます。
浸透性コートは、液体ガラスストーンコーティングやセラミックストーンコーティングを石材の内部に浸透させることにより、水の浸み込みを抑えることが出来ます。施工前と外観はほとんど変わりませんが、雨水や汚れを弾き、石材内部への入り込みや染みを防ぎます。
例)キッチン(流し台の天板)・玄関の床等
*既にご使用されている場合には、石材店へ研磨をご依頼の上、ストーンコーティングをご注文下さい。

ストーンコーティングならクリーンエクスプレスのストーンコート
汚れ付着テスト(コーヒー、オレンジジュース、しょう油)

石材に汚れが付着した場合を想定し、コーヒー・オレンジジュース・しょう油を垂らし、ストーンコーティングを塗布していない場合と、ストーンコーティングを塗布した場合を比較してみました。
(いずれも1時間後に拭き取り、染み込みを確認します。)

ストーンコーティング 未施工

   ▶︎   
一時間後拭き取り 細かな石材のすき間から液体が入り込み着色が起りました。

 

Clean Expressのストーンコート 施工

   ▶︎   
塗布 一時間後拭き取り 当社のストーンコートが表面からの染み込みを防ぎました。

石材(天然石)の保護処理が必要な理由

石材(天然石)にコーティングは必要?
石材と聞くとほとんどの人が『硬くて丈夫な建材』と思うのではないでしょうか? 確かに耐久性のある建築材料の一つですが、現在建築に使用されている天然石のほとんどは、価格や建物の重量の関係から、原石を薄くカットして貼り石として使用されています。そのため本来の石が持つ耐久性は望めないのです。耐久性がない以上、耐久性を高める為に天然石コーティングが必要となります。また、石材は汚れが付着するとその汚れを吸いこむ性質がある為、汚れを吸い込まないよう先にコーティング材を吸い込ませておく必要があります。以上のことから天然石コーティングの必要性を感じていただけるのではないでしょうか。

天然石の性質を見極める
石は、大きく分けると火成岩(御影石)・堆積岩(砂岩)・変成岩(大理石)の3つに分けられどれも数百万年かけて造られた天然の芸術品です。 しかし形成されるまでの過程や含まれる鉱物がそれぞれ違うため、性質もそれぞれ違う事を認識し、使用場所やメンテナンス・保護処理を行わなければ天然石は美しさを失ってしまいます。逆を言えば保護処理とメンテナンスをしっかり行なってさえいれば、美しさを保つことができますので、必ずストーンコーティングを行なっていただくことをおすすめ致します。

ストーンコート(浸透性吸水防止剤)
石材は吸水性があるため、汚れ・エフロ・凍害・中性化による劣化等のトラブルが発生します。また常に水の補給があったり、湿気が多い場所では、カビや藻が発生し美観上や菌類による健康上の問題を招く事があります。そこで防水や吸水処理を行う事で、それらのトラブルを防ぐことができます。 浸透性吸水防止剤は、基材の吸水率を大幅に低下させ、水の浸入によって起こる様々なトラブルを防止する為に開発された製品です。

 

 

高耐久ストーンコート

石材の吸水率を下げることで保護!


浸透性吸水防止剤とは、字の如く溶剤を素材に浸透させ吸水率を大幅に低下させる保護剤のことです。右半分にストーンコートを塗布していますが、塗布後よく乾燥させると施工前と全くといっていいほど風合いは変わりません。

 


右半分にストーンコートを塗布し、水をスプレーでかけてみました。ストーンコートを塗布した部分だけは吸水しないのが分かります。

 

撥水性との違い

撥水性とは、表面の撥水を目的にしているコーティング剤なので、表面の効果がなくなれば躯体は吸水をはじめます。吸水防止剤は撥水を目的としているわけではないので、石材の場合は躯体自体が削れない限り吸水防止効果は持続します。

撥水タイプとは、ニスなどのように建材の表面だけをコーティングするタイプで、表面のコーティング部が剥がれ落ちると効果は徐々に失われていきます。 それとは対照的に浸透タイプは、石材の中にコーティング剤が浸透することで、表面だけの保護ではない分効果も長持ちします。また、石材当初の風合いを出来るだけ長く保ちながら汚れから守ります。

ストーンコートの特徴

1.素材の風合いがそのまま生きる
ストーンコートは素材の内部に浸透しその主成分が化学結合して耐久性のある吸水防止層を形成します。塗膜タイプとは違い素材の質感を大きく変えないため、天然石、コンクリートなどの表情をそのまま生かした仕上げ剤です。

2.高耐久性
一般の撥水剤の様に表面撥水を目的とした製品ではなく、素材内部で化学結合するので紫外線による劣化を受けにくいので長期間(約10年)に渡って素材を保護し続けます。

3.エフロ防止効果
タイル目地・石材・レンガなどから発生するエフロをストーンコートを塗布することで防止・抑圧します。クラックが原因によるエフロは防止できませんが美観を維持するには最適な保護剤です。

4.空気を通す
石材は常に呼吸しておりますが、保護剤によっては塗布することにより呼吸を止めてしまう場合があります。しかしストーンコートは呼吸を止めないので、塗布しても通気性は確保されます。

4.安全性
未施工の石材よりも滑りづらく、お子様やご年配の方にも安心して生活していただくことが可能です。

耐久性

~高耐久性&高吸水防止効果~
ストーンコートを塗布すると建材に浸透するため、塗布面が削れない限りその建材などには、その差が顕著に現れます。 素材本体を緻密にして吸水性を低下させるため、表面の撥水効果が失われても耐久性のある防汚効果は持続します。
汚れに強く、シミがつきにくくなります。またストーンコーティングの中でも熱にも強い高耐久性を備えています。

エフロ(白華)防止 ~エフロ&吸い上げ防止効果~

エフロ防止 エフロ現象が現れやすい場所は、浴槽や建物の北側、玄関のタイル目地などが挙げられます。特に梅雨には、連日の雨により大量の水分が建材に染み込み、内部のアクが溶け出してしまいます。 ストーンコートを、石材(御影石・大理石・ライムストーン・砂岩)の表面に浸透させると、この濡れ模様やエフロ(白華)現象を防止します。

通気性 ~石材の呼吸を妨げない~
石材は常に呼吸しており、保護剤を塗布すると呼吸を妨げる商品が中にはあります。呼吸を止めることにより建材の劣化を早めたり、美観を損なうこともあります。そのような理由から石材をはじめ木材などは適した保護剤を選択しなければいけません。ストーンコートは呼吸を妨げないので石材を美しく長持ちさせます。

自然な風合い ~塗布しても素材の風合いはそのままに~
ストーンコートは塗膜タイプではなく浸透タイプのため、目に見えないバリアを作ります。
このバリアは、ストーンコートを石材に塗布すると基材の内部に浸透し、毛細管に化学結合して耐久性のある吸水防止層を形成します。この吸水防止層は、塗膜ではないため水は通しませんが、気体は通す優れものです。 また、従来の保護剤とは違い塗膜しないので吸水を防止すると同時に、自然な風合いを維持します。素材の風合いはそのままに吸水を防止するので美観維持には最適な保護剤です。

ストーンコート
【成分】液体ガラス
用途:大理石、御影石、タイルのキッチンカウンター・玄関・床面
特徴:省エネ効果・石材に深く浸透し、耐候性に優れた防水層の形成

  • 吸い上げを防ぎ、凍結によるひび割れを防止
  • 石材の風化、劣化、エフロ(白華)の防止
  • サビの表面発生を防止
  • タイル目地のカビ防止
  • 優れた撥水性、撥油性による防汚効果