エアコンクリーニングは当社にお任せください!

当社では家庭用エアコンから業務用エアコンまでクリーニングを行っております!エアコンを取り外して、工場での完全分解洗浄が可能です!

エアコンクリーニングならクリーンエクスプレス
完全分解での洗浄なの格安でクリーニングいたします!
エアコンは一定の期間使用を続けると、中で雑菌やカビが繁殖します。ニオイや汚れた空気が部屋中に撒かれ、住環境を悪くしてしまいますので、定期的な洗浄が必要となります。当社ではできる限り価格を下げて、できうる限りのエアコン内洗浄を行い、クリーンな空気を皆様にお届けしたいと考えております。エアコンクリーニングをお考えのお客様は是非一度お見積ください!

エアコンクリーニングって本当に必要なの?

結論から言えば、絶対に必要です。どのような綺麗な使い方をしていてもエアコンは汚れます。エアコン機器は空気中の空気を吸い込む必要があり、空気中の湿気やホコリなどを吸い込みます。その為、内部に汚れが溜まりやすくなっています。また、冷房を使用するとエアコン内と外気の温度差から結露しやすく、カビが発生しやすい環境となっています。これは業務用エアコンに限らず家庭用エアコンであっても同じであり、クリーニングは必ず必要となります。エアコンは、あらかじめクリーニングができるような構造ですので、メーカーが指定するクリーニング方法に従いクリーニングを定期的に行うことが重要です。ただし、エアコンは精密な構造を持つ電子機器ですので、場合によっては洗浄作業が要因となって故障する可能性があります。リスクを減らすためには、慎重にエアコンの分解と洗浄の作業を行うことが必要ですので、ご自身で行うのではなく、プロに任せてしまいましょう。

エアコンのニオイが気になる。。

エアコンが臭くなる原因

エアコンが臭くなる原因はカビです。エアコンをつけた瞬間に嫌な臭いがすることがありますが、これはカビが繁殖しエアコンの風と一緒に出てきてしまっているのです。エアコン内で繁殖したカビはフィルターなど様々な場所に存在しています。このカビの存在こそがエアコンが臭くなる要因となるのです。ただ臭いだけならまだ良いですが、エアコンのニオイ問題は臭いだけではなく、繁殖したカビがエアコンから出される風によって、室内に大量に撒かれることが一番の問題点となります。

臭くなる時期はあるの?

エアコンのニオイの原因はカビということがわかりましたが、このカビが発生しやすい時期はいつなのかというと、5月から6月にかけての初夏になります。この時期は天気が崩れやすく、雨も多い季節となります。また、6月と言えば梅雨の時期にもなりますので、湿気が多くカビが好む環境になりやすいでしょう。このことからカビの発生しやすい時期となり、臭くなる時期は初夏だと考えられます。ニオイがするのに放置したまま夏を超えてしまうと、冬場に暖房を使用する際も臭くなってしまうので、早めにクリーニングするのが良いでしょう。

どんな環境で使っていると臭くなりやすい?

エアコンの臭いがひどくなるのは環境によっても違いがあります。先に言ったとおりに臭いの原因というのはカビが繁殖しやすいことが条件のため、このカビが繁殖しやすい環境になっていると比例して酷さも上がります。どんな環境がそれに適応しているのかというと、絶対条件としては湿度の高い場所そして掃除をしていないほこりの多い場所、そしてなによりエアコンの使用頻度が最も多いことがあげられます。この状況が当てはまることが多い場合と判断材料となったときには、それに対して対策をしておくと悩みが減ることになります。そのためにも説明書に書かれているとおりにエアコンを使用する前に内部の湿気を取り除く風を送ると共に、その原因となるフィルターの掃除やそれよりも奥の機器に付着しているカビ菌を掃除機や洗浄スプレーなどで掃除をすることが良いといえます。

エアコンクリーニングの方法とは

分解洗浄

エアコンを部分的に分解して洗浄することを分解洗浄といいます。これはエアコンカバーや中のフィルターを取り外し、エアコンのフィンを剥き出しにした状態で、エアコン全体に養生シートを被せて高濃度の洗剤や高圧洗浄機などを使用し、クリーニングを行うことをいいます。エアコンを取り付けたまま現場での施工となりますので、短時間で安く洗浄できることがメリットです。
しかし、あまりに汚れがひどい場合などは汚れが完全に落ちきらない場合もありますので、その際は完全分解洗浄が必要な場合もあります。とは言えシーズン中は快適に使うことができますので、分解洗浄を行った翌年にニオイが気になるといった場合に、完全分解洗浄を行っても良いかもしれません。

完全分解洗浄

完全分解洗浄とはその名のとおり完全に分解して洗浄を行うクリーニング方法です。完全に分解というのは設置しているエアコンを取り外し、工場に搬送して、分解できるパーツを全て分解し、洗浄します。その後乾燥させたパーツを組み直して、元の場所に設置を行えば完了となります。分解できるパーツ全てを分解しての洗浄ですので、細かな部分の洗浄もでき、カビなどをほぼ洗い流すことができるので、かなり綺麗にすることができるのがこの完全分解洗浄のメリットです。
しかし、取り外しを行い工場まで運ぶことで2週間ほどの時間がかかることもありますので、急ぎでクリーニングを行いたい場合や、真夏には依頼することは難しいでしょう。

エアコンあるあるをご紹介!

業務用エアコンは焦げたような臭いがすることがある!

家庭用エアコンではあまり聞きませんが、業務用エアコンではたまに焦げ臭いニオイがすることがあります。原因としては内部の電子部品の劣化による問題であると推測されます。特にモーターなどは多くの電力を消費する部品であり、そこでトラブルが発生すると、焦げ臭いニオイが発生するのではないかと考えられます。そのようなことがあった際にはできるだけ早く修理業者に依頼をして、調査をしてもらいましょう。

エアコンは電気代が高い!これ本当?

家電製品の中でもエアコンは大きな電力を必要とする機器として知られています。しかしながら、スポットクーラーやオイルヒーターなどの製品に比べると圧倒的コストパフォーマンスは良いのです。節約の方法としては夏の場合は26〜27°C設定で扇風機を併用するのが良いでしょう。冬の場合は23°C前後の設定で加湿器を併用すれば、電気代は安く済みます。それでもエアコンの利用で電気代が高くなるようであれば、クリーニングなどのメンテナンスを行って、エアコンへの負荷を小さくすることで、消費電力を抑える効果もあります。また、エアコンの寿命は10年程ですので、定期的な買い替えの際に省エネタイプのエアコンに買い換えることも、電気代を抑える方法の一つと言えるでしょう。

冷房中に水滴が飛んでくる!

冷房運転中に水滴が飛んできた。皆さんはこのような経験はありませんか?エアコンは空気を冷やす際に、空気中に含まれる水分が結露します。構造上、その結露した水分はエアコンに接続された配管から外へ排出されます。しかし、この配管が目詰まりなどを起こしていると上手く水分の排出ができなくなってしまい、エアコンの吹き出し口から水滴が飛んでくることがあるのです。これによってエアコン内部にカビが繁殖してしまうこともありますので、早めに解決することが重要です。エアコン修理業者などに配管の交換や洗浄を依頼しましょう。

おまけ

エアコンの能力を知る方法

エアコンの能力は“kW(キロワット)”の単位で表します。 このkW(キロワット)という単位は単位時間当たりに室内を冷やすことのできる冷房と、温めることのできる暖房の熱エネルギーを意味します。消費電力やモーターの出力などもkWですので、間違えないように注意が必要です。

エアコンの能力表示の見方

エアコンクリーニングの前に知っておく情報
上の画像のようにエアコンの能力は冷房・暖房それぞれ個別に表記されます。それぞれ2段にわかれて数字が記載されています。上段の太字エアコンの定格出力下段の( )で囲われた数値出力の最低数値と最高数値を表しており、下段の数値は、そのエアコンの能力の幅や範囲を示していて、2つの数値に差があればあるほどより能力が高いエアコンといえます。続いて、低温暖房能力という数字もチェックをしましょう。これはエアコンの暖房能力の目安として、外気の温度とともにkWで表示されます。Panasonic「WXシリーズ」では、「低暖房能力外気温が2℃時8.8kW」と記載されている箇所のことです。「屋外の外気温が2℃の時は最大能力が8.8kWになります」という意味です。