新型コロナウイルスへの効果を確認

アヴァンコートはアメリカの公的基準ASTMにて新型コロナウイルス対応試験を行い、5分で90%の不活性化が確認されました。

新型光触媒アヴァンコートの特徴

  • 高い分解能力は今までの光触媒以上の力を持っている
  • 可視光領域の光で効果を発揮し、住宅の照明でも効果がある
  • 1液でコーティング処理ができるので施工が時間が短い

高い分解能力

高い分解能力をもっており、他の光触媒で分解ができないベンゼン環構造を持つ分子の分解が可能。

臭い成分ではトルエンなどの分解ができる。

また、食中毒等の原因である芽胞菌類の分解も確認。

可視光領域での高い効果

可視光領域で硬化を発揮でき、570nmの波長の光(緑色)まで吸収する。

LEDや蛍光灯の光でも十分に反応し、空気中浮遊有機物を分解する。

短時間施工

光触媒は通常触媒活性を持つ成分を持たせるために接着用のコーティングが必要であるが、アヴァンコートであればトップコートのみで施工が可能。

ウイルスへの効果

その他抗ウイルスコーティングとしても期待ができ、インフルエンザウイルス、ヒトコロナウイルスの分解も確認。

特にインフルエンザウイルスに関しては1000ルクス白色光5分間照射で76%分解、1時間で99%分解のウイルス試験結果もある。

採用実績

阪急電車の車両やホテルなどで採用実績あり