お手入れ

  • HOME
  • フローリングのお手入れ方法

マイホームの為に私たちができること

新しくマイホームを購入した方、マイホームを購入して大切に住まわれている方、様々な方がいらっしゃるかと思います。
そんなマイホームの中でも毎日掃除をしても気になるフローリングのホコリ。そこで、今回はフローリングの上手な掃除方法を御紹介します。

フローリングを掃除する

フローリングに掃除機

フローリングへの掃除機掛けの基本は、ゆっくり時間をかけることです。 フローリングの溝はホコリがとてもたまりやすい所です。この点に注意し、フローリングの掃除機掛けをして下さい。素早く終わらせたい気持ちはわかりますが、ゆっくりかけることで埃の除去に繋がるのです。 その後、固く絞った雑巾でフローリングを水拭きして、から拭きをしましょう。

フローリングのオススメ掃除方法

フローリングの保護

フロアコーティング(フローリングコーティング)
フローリングの保護を行うのであれば、フロアコーティングが必須です。当社では様々なフロアコーティングの施工を行っております。その中でもUVフロアコーティングのUVフロアコートEcoとガラスコーティングのクリスタルハードコートナノがオススメのコーティングとなっております。傷や薬品に強く、耐久年数も長いことから、一度施工をしてしまえば、長期に渡りお手入れを楽にしてくれます。また見栄えも光沢のあるUVフロアコーティングと、微光沢のクリスタルハードコートナノで美しさも保つことができるので、必ず施工されることをオススメします。

フローリングの除塵

道具:フローリング ワイパー
フローリングの掃除はフローリング ワイパーの向きを決め、フローリングの一定方向に押します。フローリング ワイパーの前の方にゴミ・ホコリが固まるので決して逆から押さないのがポイントです。又、後ろに下がってしまうとフローリング ワイパーの前の方に溜まったゴミ等がこぼれてしまいます。もったいないようですが、フローリング ワイパーの前の方のみ使用し使用後は捨てるようにして下さい。フローリング ワイパーの汚れてないほうを使うと逆にフローリングにゴミを落としてしまうことに。。。 最終的に集めたゴミ・ホコリは一箇所に集めて掃除機等で集塵してください。

フローリングの水ぶき

道具:固く絞った雑巾・モップ
除塵が終わったフローリングを固く絞った雑巾・モップで拭きあげます。 ここでのフローリングの掃除方法のポイントは、二つ。 一つ目は、フローリングを拭いていて雑巾・モップが汚くなったらすぐに取り替えるようにしてください。 そのまま使い続けるとせっかく掃除したフローリングに汚れが付いてしまいます。二つ目は、固く絞るということ。 フローリングに水は厳禁です。2~3年なんともなくとも10年ぐらいしてくるとフローリングに黒ずみや軋みなどを起こしてしまいます。 又、フローリングにフローリングワックスを掛けている場合、水ぶきができないことがあります。

フローリグに付着した油の除去方法

道具:雑巾・中性洗剤
台所のフローリングは、油汚れが付着しやすく、黒くなっていることがあります。 ぞうきんに中性洗剤をぬるま湯で薄めたものをつけて軽く絞り、フローリングを拭きフローリングに付着した汚れに中性洗剤を浸透させます。割り箸を使ってフローリングの木目に沿って黒い油汚れを少しずつ削り取っていきます。汚れが落ちない時は、何回も繰り返し根気よく少しずつフローリングをキレイにしていきましょう。 その際、フローリングを傷つけないように注意して下さい。