工事キーとは

工事キーとはコントラクションキーと呼ばれるものであり、住宅建築時に工事業者が入るために用意をされている鍵のことを指します。

工事キーの役割

工事キーはその鍵で住宅の玄関扉を開錠することが可能であり、工事業者はその鍵を使用して中に入ります。役割としてはセキュリティーの役割を果たしており、住宅購入者の方が純正キーを使用することにより、鍵としての機能が失われるものになります。万が一工事キーを複製されたとしても、標準キーを入れれば、その鍵は使用不可になるので、安心です。

工事業者には工事キーを渡たす

住宅購入後に別工事を入れる場合、工事キーをお持ちの場合は、工事業者には工事キーを渡すようにしましょう。物件によっては工事キーがない場合もありますので、その際は信頼できる工事業者にお任せするのが良いでしょう。

工事キーの見分け方

基本的に鍵の引き渡しの際に工事キーはどれかというのは通知されます。また、工事キーには工事キーとわかりやすく書かれているものもあります。

工事キーとは

まとめ

工事キーは内装工事やアンテナ工事など、新築物件購入から引越しまでに宅内の工事を行う際に必要な鍵です。工事キーを受け取ったら、すぐに標準キーは差し込まず、全ての工事が終わるまでは工事キーを使用するようにしましょう。