フロアコーティング写真集

カラーフロアとは

カラーフロアは一般住宅の床材として多く使われる様になった合板フローリングに化粧シートを貼った物です。いわゆるシートフローリングや突板フローリングをイメージして頂くとわかりやすいかと思います。このカラーフロアは従来の無垢フローリングよりも水に強く、ワックスフリーという様にうたわれていますが、実際は無垢フローリングがカラーフロアよりも水に弱いだけで、カラーフロア自体が水に強い訳ではありません。というのも、カラーフロアの種類によっては合板の中にMDFという木屑を固めた板の様なものが入っており、これは水に弱く、水分を含むと膨れ上がって外観を損ないます。一度膨れ上がったカラーフロアは乾いても元に戻ることはありませんので、その様な危険なものも存在していることを知っておくと良いでしょう。

カラーフロアの特徴

カラーフロアは従来の無垢フローリングよりも安価な床材として、徐々に認知がされはじめ、今では多くの住宅で使用されています。
木と木を重なり合わせた合板で、強度とコスト削減を実現したフローリングとなります。
一見普通のフローリングにしか見えませんが、よく見ると表面の化粧シートがプリントされていることに気づきます。
素人目にはわからないレベルの上に安価なので、人気が出たと考えられます。

カラーフロアのメリット

無垢フローリングよりも安価であること。
材料自体の価格は少し安くなる程度ですが、施工時間が短く、職人さんの人工代が安くなることから、無垢フローリングを施工するよりも安価に施工が可能となっております。カラーフロアは無垢フローリングの3分の1の時間で貼ることが可能です。

お手入れが簡単
無垢フローリングに比べればお手入れが簡単になります。表面がシートですので、水拭きなども容易にできます。しかし、無垢フローリングも塗装をしておけば、水拭きなど可能ですので、何もしない状態であればということに限ります。

カラーフロアのデメリット

表面は本物の木ではない
表面は本物の木ではないので、プロが見ればすぐにバレてしまい、本物の無垢の木と比べてしまうとチープさが出てしまいます。

水に強い訳ではない
水に強い訳ではなく、あくまでも無垢フローリングよりもという程度です。隙間から水分が入ることでシートが剥がれる場合も。

カラーフロアはフロアコーティングで上質な仕上がりとなる

カラーフロアはフロアコーティングとの相性が抜群に良いです。

艶感を出すことで、高級感を演出できることや、耐水性や耐薬品性が向上し、簡単にはダメージを受けなくなります。

また、フローリング自体の耐久性の向上にも繋がりますので、長くカラーフロアを利用したいというお客様にはぴったりでしょう。

当社でも数多くのカラーフロアにフロアコーティングを施工して参りました。

UVフロアコーティングやガラスコーティングなど、様々なフロアコーティングの施工が可能ですので、是非当社までお問い合わせ下さいませ。

UVフロアコーティング 30年保証

UVフロアコーティング

UVフロアコートEco
最も光沢のあるフロアコーティングの為、高級感のある艶でお部屋が明るくなります。また傷や薬品にも強く、アルコールや塩素系漂白剤でも溶けません。UVフロアコーティングの中でも当社のUVフロアコートEcoはスチールウール(番手#1)を使用した耐傷性テストに合格した商品です。

ナノガラスコーティング 20年保証

ナノガラスコーティング

ガラスコーティング性能

クリスタルハードコートナノ
マットな質感で床材本来の風合いを活かします。微光沢な半艶がお好みのお客様にはナノガラスコーティングがおすすめ!当社のクリスタルハードコートナノであれば、ガラスコーティングの弱点である塩素系漂白剤を使用した2時間放置テストに合格しました。ナノコンポジット技術を採用したコーティングで耐久性抜群です。

水性フロアコーティング

水性フロアコーティング

フロアガードプロ
ワックスよりも何倍も強いけど、お手軽で安価なコーティングをお探しであれば、水性フロアコーティングがおすすめです!剥離が可能なので、マンションオプションで一番利用されています!薬品性はそこまで強くなくていいし、傷への強さもそこまで必要はないけど、ある程度綺麗にしておきたいというお客様にはうってつけの商品です!