ストーンコート

知人はストーンコーティングをしたらしいんですけど、私はそこまで必要性を感じないんですよね。

こんなお言葉をお客様から頂きました。

そのお客様は2年後にこのように連絡をしてこられたのです。

やっぱり一番最初に玄関の石材に施工しておけば良かった。今からでも施工ってできるんでしょうか?

そうなんです。

1年、2年と経過するとストーンコーティングをしている石材としていない石材では雲泥の差が出てきます。

実はこのお客様は、別のお客様からのご紹介で施工させて頂いたのですが、ストーンコーティングは必要がないとのことだったのです。

玄関のストーンコーティングの重要性

玄関は住宅の中でも下足で入る場所なので、泥や土が上がってきます。

雨の日などは特に汚れがひどく、泥が染み込んで色が取れない。ということも起こります。

そうならないために事前の対策としてストーンコートがあるのです。

一番汚れる可能性が高いからこそ、コーティングをして石材を守ることをお勧めします。

また、玄関は来客される方が一番最初に目に入る、住宅の顔となる場所です。

来客される方に汚いという印象を持たれるのは嫌ですよね。

石材を綺麗な状態を保つための方法は、コーティング以外にありません。

汚れてから洗浄をするということを続けるとなると、コストもかかり現実的ではないからです。

まとめ

住宅の顔である玄関を綺麗にしておくのであれば、ストーンコートは必須だと考えます。

必ず汚れる場所ですので、できれば新築の内に施工するのが良いでしょう。

フロアコーティングとのセットであれば、格安施工が可能ですので、お気軽にご相談下さいませ。