フロアコーティング業界って他の業界とは違う点というか、分かりずらい専門用語なども多いですよね。

お客様とお話をするにあたって、私たちもできるだけ分かりやすくお話をすることに気をつけていますが、それでも分かりずらいことなども存在しているのではないかと思います。

今回はそんなフロアコーティング業界の専門用語について解説していきます!

フロアコーティングの性能に関する専門用語

フロアコーティングには性能に関する専門用語が複数存在します。

普段は耳にしない専門用語ですが、決して難しい内容ではありません。

耐久性(たいきゅうせい)とは

耐久性はフロアコーティング自体が何年間効果を持続可能なのかを示しております。耐用年数と考えて頂くと分かりやすいでしょう。会社によっては耐用年数としているところも存在します。

耐傷性(たいしょうせい)とは

耐傷性はフロアコーティングの表面にどれだけ傷が付かないのかを表しています。

例えばですが、耐傷性が強ければ、スリッパ傷なども付きづらく、コーティングが曇ったりすることもないということです。

耐薬品性(たいやくひんせい)とは

耐薬品性はフロアコーティングがどれだけ多くの薬品に強いのか、対応できるのかを表しています。

例えばですが、ワックスやシリコンコーティングは耐薬品性の弱いコーティングです。アルコールや塩素系漂白剤では溶けてしまうでしょう。

しかし、UVフロアコーティングなどはアルコールや塩素系漂白剤でも溶けることが無い耐薬品性の強いコーティングと言えます。

耐水性(たいすいせい)とは

耐水性は比較的聞いたことのある方も多いかもしれませんが、どこまで水に耐えれるかを表したものです。

フロアコーティングは全て耐水ですが、防水ではありません。防水は水の侵入を防ぐことを指しますが、フロアコーティングではフローリングの目地まで埋めることは不可能ですので、表面の耐水ということになります。

表面には耐水加工がされるので、水は撥水し弾かれます。

撥水(はっすい)・撥油(はつゆ)とは

読んで字のごとく、水や油を弾く効果のことです。水や油を弾くということはそれだけ汚れにも強いので、撥水効果や撥油効果が高いコーティングをお選び下さい。

防滑性(ぼうかつせい)とは

防滑性とはフロアコーティングを施工したフローリングがどれだけ滑らないかを表したものです。UVフロアコーティングやシリコンコーティングによく用いられます。

フロアコーティングの種類に関する専門用語

UVフロアコーティング

UVフロアコーティングは簡単にご説明すると塗料に紫外線を照射して硬化させるコーティングのことをいいます。

高光沢で硬度が高く、傷が付きにくい特徴があります。

また薬品にも強く、防滑性に優れたフロアコーティングなので、ペットコーティングにも用いられます。

剥離ができないフロアコーティングの中で、唯一綺麗に補修やリコートをすることが可能なコーティングです。

施工会社によって塗料や施工方法に違いがあり、耐久年数や耐傷性にも違いがあります。

ガラスコーティング

ガラスコーティングは完全無機高分子シリカ皮膜を形成するハードコートです。

微光沢で硬度が非常に高く傷が付きづらいのが最大の特徴です。

物によっては塩素系漂白剤などでは溶けてしまうものも存在し、一概に全てのガラスコーティングが良いとは言いきれないフロアコーティングです。

施工会社によって性能が異なりますので、しっかりと性能を見極めて頂く必要があるでしょう。

シリコンコーティング

シリコンコーティングはシリコン樹脂を用いた昔ながらのフロアコーティングです。

高光沢でUVフロアコーティングの様に美しく、非常に安価に施工が可能です。

一目で見ただけでは、UVフロアコーティングとの違いが分からないレベルですので、選ばれる方も多い様です。

耐傷性や耐薬品性に関しては強くは無いので、価格で選ぶ方には良いのではないでしょうか。

水性フロアコーティング

主に水性ウレタンを用いたフロアコーティングです。安価に施工ができ、剥離も可能なフロアコーティングですので、マンションなどで人気があります。

耐傷性や耐薬品性も強くありませんが、剥離が可能なので、汚くなったら剥がしてリコートすることも可能です。

安さで選ぶなら水性フロアコーティングが良いでしょう。

その他の専門用語

上記以外にも専門用語は存在しますので、一気にご紹介致します。

リコート

フロアコーティングを施工した床に同じフロアコーティングを再度施工すること。

経年劣化したフロアコーティングの再施工の意味。

補修

フロアコーティングの部分的な補修。

少し剥がれてしまった場合など、補修を行い綺麗に戻します。

剥離(はくり)

コーティングを剥がすことを剥離と言います。

主に水性フロアコーティングやワックスを剥離するという意味で使われることが多いでしょう。

UV照射機(ゆーぶいしょうしゃき)

会社によってはUV照射装置ともいいます。これはUVフロアコーティングを施工する際に紫外線照射を行う機械のことです。UV照射機にはハンディータイプのものと自走式のものと存在します。歴史ある会社は自走式照射機を使用し、照射ムラを起こさない施工を行なっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

フロアコーティング業界には様々な専門用語が存在することがわかりました。

一般的に使われている用語と少し意味が違っているものも存在します。

お問い合わせの際に分からないことがあれば、どんどんご質問してください。

ご理解いただける様にしっかりとご説明させて頂きます!