フッ素コーティングとは

一般的に有名なフッ素コーティングは『歯磨き粉の中に含まれたフッ素の力で歯をコーティング!』や『車のフロントガラスにフッ素コーティングを施して、雨を弾く!』などが有名です。
また、フライパンなどテフロン加工はフッ素樹脂コーティングと言われているものになります。
このフッ素コーティングを施すとどうなるのかというと、撥水効果で汚れを弾き、寄せ付けません。
ですので、歯にフッ素をコーティングすることで、汚れや歯垢がつきにくくなり、虫歯や歯周病予防、口臭対策にもなるということなのです。
車でいうと、雨で視界が悪くなったり、汚れたりすることがあると思いますが、フッ素コーティングをしておけば視界も抜群で汚れもつきにくくなります。
フライパンに関してもこびりつきにくくなり、簡単に洗うことが出来るということで有名ですよね。
このように様々な分野で活躍をしているフッ素樹脂コーティングですが、実は住宅のある場所を守るのにも使われていることを皆様はご存知でしたでしょうか?

それが水回りです。

住宅のハウスコーティングの一つとして水回りフッ素コーティングというものが存在します。
住宅の中でも特に汚れやすい場所として存在しているのが水回りですが、その水回りにフッ素コーティングを施すことで、汚れを弾き、防汚効果や防カビ効果を発揮します。
撥水効果で水分を寄せ付けないことから、防汚や防カビに繋がるとされており、現在のハウスコーティングの中ではフロアコーティングよりも施工しているお客様が多いのではないでしょうか。
というのも水回りコーティングはフロアコーティングに比べ、安価に施工ができるので、皆様がお求めやすい商品となっております。

フッ素コーティングの特徴

フッ素コーティングには様々な特徴が存在します。
その特性を活かして住宅の水回りである、浴室・キッチン・洗面台・トイレなどの水回りをコーティングすることが可能となりました。
また、フッ素コーティングはメンテナンス性が非常によく、簡単なメンテナンスで何度も撥水力が回復するのも特徴です。
メンテナンスが簡単ですので、一度プロが施工したキッチンなどもご自身でメンテナンスすることが可能です。

撥水撥油性

フッ素コーティングの最大の特徴はその撥水性と撥油性です。超撥水効果のあるフッ素コーティングを施工すれば、素材はたちまち水を寄せ付けなくなります。もちろん撥油性もあるので、油も寄せ付けません。
洗面台で手を洗うときに洗面台に汚れた水分が残りにくく、するっと流れて行きます。
浴室では壁の水滴がスルスルと流れ落ちるので、乾燥も早くなります。

防汚性

防汚性に優れたフッ素コーティングは汚れの吸着を抑制します。水分や油分を弾くのと同様に、汚れも弾いてしまいます。
洗面台は整髪料や歯磨き粉など、様々な汚れが付着します。この汚れを付きにくくして、お手入れを簡単にします。

防カビ性

フッ素コーティングの防カビ性能はコーティング剤に防カビ剤が含まれているわけでも抗菌剤が含まれているわけではなく、汚れがつきにくく、乾燥が早いということから、付加価値としてカビが生えづらくなっています。
カビの生えにくい環境を作ることがフッ素コーティングの防カビ性です。

施工性

薄膜のフッ素コーティングは施工性に優れます。洗面台や浴室などの細やかな形に合わせて施工が可能です。様々な形状をした金物(浴室のカランなど)でも問題なく施工ができますので、ご安心ください。

フッ素コーティングの安全性

フッ素系化合物は450度以上の高温によって有毒ガスが発生するなどと言われておりますが、当社のフッ素コーティングであればそのような問題はございません。
ホルムアルデヒド放散等級F☆☆☆☆も取得している安全なコーティング剤となっております。
当社のコーティングは全てお子様やペットのいるご家庭でも安心してご利用が頂けるコーティングです。

水まわりフッ素コーティング

水まわりフッ素コーティング
とにかく汚れが付きにくい方が良いというお客様には、撥水性能に優れた水まわりフッ素コーティングがおすすめです!
高い撥水性能で汚れを弾き、水拭きで簡単に汚れを落とすことができます!