フロアコーティングには様々な種類があります。お客様からのお問い合わせの中にも、様々な種類があるので、どのフロアコーティングをするのが良いのかわからないというお声もいただきます。お客様のライフスタイルや、好みによっても選ぶフロアコーティングは変わりますが、好みを除外してプロがお勧めしたいと考えるフロアコーティングは存在します。今回はそんなプロがお勧めするフロアコーティングのご紹介を致します。

プロがお勧めするフロアコーティングとは

フロアコーティングの種類の中でダントツに人気のある商品はUVフロアコーティングとガラスフロアコーティングです。実はこの2種類のフロアコーティングは非常に似ている部分が多く、フロアコーティング業界の中でも『UVフロアコーティングの方が良い!』『ガラスフロアコーティングの方が良い!』という様に分かれています。UVフロアコーティングを昔から取り扱う我が社も、どちらかしか選べないのであれば、UVフロアコーティングと答えてしまうかも知れませんが、いずれもコストパフォーマンスに優れた最高のフロアコーティングに間違いはありません。

UVフロアコーティングとガラスフロアコーティングをお勧めしたい理由

この2種類はフロアコーティングの中でも耐久性、耐薬品性、耐傷性が高いのが特徴です。単純に性能が良く、他のフロアコーティングでは勝つことが出来ないフロアコーティングになります。また、uvフロアコーティングは防滑性も極めて高く、子供やお年を召された方、ペットにも優しいコーティングです。一方で、一番傷に強いコーティングと聞かれれば、ガラスフロアコーティングに敵うフロアコーティングは存在しないでしょう。傷への強さならガラスコーティング 、滑らないコーティングならUVフロアコーティングという様に選んでいただくのが良いでしょう。

UVフロアコーティングの性能

耐久性

30年以上の耐久性があります。基本的にフローリングの寿命の方が早くきてしまうので、基本的にはUVフロアコーティングをリコートするという概念は無く、新たにフローリングを張り替えた場合に再度UVフロアコーティングを一から施工するという商品です。また、補修性能も高いので、万が一コーティングに不具合が発生しても綺麗に補修することのできるフロアコーティングなので、安心です。

耐薬品性

洗剤はもちろん、アルコールや塩素系漂白剤にも溶けることはありません。他のコーティングの場合は、『中性洗剤以外は溶けてしまう。』であったり、『塩素系漂白剤は長時間放置出来ない』ということもありますが、UVフロアコーティングの場合はいずれも問題ありません。UVフロアコーティングの耐薬品性に最も近い、他のフロアコーティングはガラスコーティングになります。

耐傷性

傷への強さである耐傷性ですが、実はこの性能だけはガラスコーティングに負けてしまいます。しかし、ガラスコーティング以外にはこの耐傷性までも負けないというのがUVフロアコーティングなのです。また、このガラスコーティングに負けてしまうというのは一般的なUVフロアコーティングであり、当社のUVフロアコートEcoはガラスコーティング並の耐傷性を持ったUVフロアコーティングです。

防滑性

滑らないフロアコーティングの代表となったUVフロアコーティング。以前まではシリコンコーティングが滑らないコーティングでした。小さなお子様やペットにも安心なコーティングとして、数多くの施工がされています。

ガラスフロアコーティングの性能

耐久性

20年以上の耐久性があります。こちらも基本的にはリコートをするという概念は無く、フローリングをの張り替えと合わせて再度施工するという商品です。しかし、20年ほどではまだフローリングを使うことも可能ですので、上からリコートして10年〜20年使って張り替えをするというのも良いでしょう。

耐薬品性

洗剤はもちろん、アルコールにも溶けることはありません。ガラスフロアコーティングの場合、塩素系漂白剤には対応していないものも存在するので、注意が必要です。しかし、当社のクリスタルハードコートナノであれば塩素毛漂白剤にも完全対応したガラスフロアコーティングです。

耐傷性

傷への強さである耐傷性に関しては、ガラスフロアコーティングが一番です。ガラスフロアコーティングは防滑性が弱い代わりに、耐傷性がトップクラスです。

業者にしか施工できないUVフロアコーティング

フロアコーティングは自分で出来るのでは?と思う方も多いとは思います。実際にやっている方もおりますが、UVフロアコーティングに限ってはそれができません!出来ないというよりは、施工に必要なUV照射装置を購入するとなると、膨大な費用がかかりますので、現実的ではないということです。ですので、UVフロアコーティングを施工したいのであれば、業者に依頼する方がコストもかからず、仕上がりも綺麗なので、自分で行うメリットがないでしょう。

実際にお問い合わせがあったお客様の反応

当社はUVフロアコーティングやガラスコーティングなど様々なフロアコーティングを取り扱っておりますが、最初はガラスフロアコーティングを希望していたけど、サンプルを見たらUVフロアコーティングの方が良かったのでUVフロアコーティングにしますというお客様や、逆のパターンもあります。写真で見ていたのと、実際のサンプルの仕上がりを見て、選択するフロアコーティングが変わる場合もございますので、最低でも2種類くらいはサンプルをお取り寄せされるのが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

プロがお勧めするフロアコーティングは2種類あり、いずれも最高品質のコーティングです。このUVフロアコーティングとガラスフロアコーティングのどちらかを施工しておけば、快適な生活を送れるようになるでしょう。また、ここではご紹介できなかった水性フロアコーティングも、価格面などを考えると、非常に素晴らしいコーティングです。お客様のライフスタイルによっては水性フロアコーティングが良い場合もございますので、迷われた際は一度ご相談下さいませ。