フロアコーティングの材料となるコーティング剤とは?販売について

フロアコーティング剤とは

フロアコーティングの材料となるコーティング剤は、塗料の一種です。溶剤系塗料と無溶剤系塗料に別れており、いずれも住宅や施設などで施工が可能な安全な塗料になります。
フロアコーティングはフロアコーティング業という新しい職種と言えますが、塗装業に近いものがあります。塗装屋さんがペンキを扱うのと同様に、一度付着してしまうと取るのが困難であり、固まってしまうと剥がすことも難しくなります。
フロアコーティング剤にも種類はあり、種類ごとの性質を理解して施工することが必要です。

品質の高いフロアコーティング剤の種類

UVコーティング剤

UVコーティングの元となるものはウレタン塗料です。ウレタン塗料と言われると、少し知識のある方ならそんなに耐久性はないのでは?と思われるかもしれません。しかし、UV塗料のウレタンは一般的なウレタン塗料とは似て非なるもので、耐久性や耐傷性、耐薬品性などあらゆる面で圧倒的な力の差があります。薬品に関してはアルコールや塩素系漂白剤にも溶けない強さを持っているので、施工後のお手入れが一層楽になります。

ガラスコーティング剤

ガラスコーティング剤には無機コーティングと有機コーティング、また混合されたハイブリッドコーティングが存在します。
有機質の物をポリマーコーティングといい、光沢が強く、古くから存在するフロアコーティング剤の一種です。逆に無機質コーティングは最近出てきたガラスコーティングであり、微光沢で劣化しにくいという特徴があります。どちらも薬品には強いですが、傷への強さは無機質ガラスコーティングの方が上になります。また、有機無機を混合したハイブリッドコーティングも存在しています。何れにしても品質の高いフロアコーティング剤ですが、今の主流となっているのは無機質ガラスコーティングとなります。

フロアコーティング剤の販売について

フロアコーティング剤はメーカーと施工店が共同開発しているものなども多く、一般的には簡単に手に入らないものです。
当社の取り扱っているものも、誰でも買えるわけではなく、一般のお客様への販売も行なっておりません。
しかし、同業者様やこれからフロアコーティングを始めたいと考えている会社様への販売は行なっております。
理由としては、私たちが取り扱うコーティング剤はDIY用として販売されているものとは別物ですので、取り扱いが危険であり、容易に施工できるものではない為です。
DIY用として販売されているものであれば、商品説明を熟読し、安全に施工されることをおすすめ致します。