現在キャンペーン実施中です!2月のご予約もお急ぎください!キャンペーン詳細はこちら

2022年12月最新情報|フロアコーティングの価格と相場とは

フロアコーティングの価格相場はどれくらい?
コーティングの種類によっても変わるの?

フロアコーティングの価格相場は昔に比べ安価になってきておりましたが、材料費の高騰によって2022年中頃から徐々に上昇傾向にあります。フロアコーティングの出始めの頃は、材料費や機械が高価だったため一般的な一戸建てで60万円以上ということも多かったのですが、最近では半額ほどまで値段が下がってきました。しかし、塗料価格の上昇や溶剤価格の上昇により徐々に価格に変化が見られています。

フロアコーティングの価格と相場

こんにちは!
クリーンエクスプレスWEB編集担当のKJです!

フロアコーティングの施工をご検討中のお客様は実際にフロアコーティングの価格相場がどれくらいのものなのか気になっている方もいるのではないでしょうか。
実際に相見積もりを取れば現在の価格相場というものはわかるものですが、その作業が面倒だったりしますよね。
今回はそんな皆様に現在のフロアコーティングの価格相場についてお話いたします。

それでは参りましょう!

目次

フロアコーティングの価格について

フロアコーティングの価格はフロアコーティングの種類や施工する会社、面積などによって異なります。安ければ、10万円以内から施工できる場合もありますし、高ければ100万円近くなるなんてこともあるでしょう。同じ種類のコーティングでも施工する会社によって価格は変わりますし、広さが広くなれば当然高くなります。では同じ種類のコーティングなのに何故価格が変わるのでしょうか?それは人件費やコーティング剤の品質の違いによって変動があるのではないかと考えられます。

コーティング剤の品質の違いとは

同じ種類のフロアコーティングでもコーティング剤を作るメーカーは異なります。同じメーカーのものを使用している施工店様もいますが、フロアコーティング業界はオリジナル商品の販売を行なっている会社も多く、メーカー共同開発のコーティング剤の為、安く仕入れて施工しているという会社様もいる様です。
施工店によっては自社で塗料を入手するのが難しく、老舗のフロアコーティング会社から購入している会社も少なくありません。その様な会社の場合は、どうしても施工価格が上がってしまうのではないでしょうか?

人件費の違いとは

人件費の違いは、安価な施工を行っている会社では施工スタッフが1人しか来ないことがあります。1人しかこないのと2人体制で施工にお伺いするのでは、人件費が単純に2倍違うことになります。また、1人での施工では技術的な質の違いや事故発生リスクなども出てきますので、施工には2人以上でくる施工会社を選ぶことをオススメします。ここがフロアコーティング業界では『安かろう悪かろう』と言われるポイントです。

ACCOちゃん

コーティング剤って同じ種類のものでも品質の違いがあるんですね!
しかも作業にくる人数も会社によって違うとなると確認は必須ですね!

KJ

コーティング剤(塗料)の違いは非常に大きく、施工性や仕上がり、耐久性能が全く変わってきます。施工性が良いものほど、仕上がりが綺麗になりトラブルが起こりません。また、耐久性能に関しては剥がれにくい、傷がつきにくいなど様々ありますので、サンプルで確認をおすすめします!
ちなみにですが、当社の取り扱うUV塗料は当社のみが販売窓口となっている大手塗料メーカーの国産UV塗料で、施工性や耐久性など国内最高品となります。

種類ごとの価格の違い

フロアコーティングは種類によって大きく金額が変わります。従来の主流とされてきた水性フロアコーティングやシリコンコーティンングなどは今では比較的低価格での施工が可能です。しかし、今ではUVフロアコーティングや無機質ガラスフロアコーティングなどの次世代コーティングが頭角を現し、耐久性や耐薬品性など従来のフロアコーティングにはない強さを持つことから、フロアコーティング業界としてもこの2種類の内、どちらかを取り扱っていく必要性が出てきています。

UVフロアコーティングの価格

UVフロアコーティングの価格はフロアコーティングの中でも高く、理由としては特殊な技術を用いることと、UV塗料の価格が高いことからだと考えられます。通常のフロアコーティングとは違い、施工を行うのに手間と時間がかかります。しかし、スタッフの頑張り次第でスピーディな施工が可能であり、即日硬化によるお引き渡しが可能となっております。塗料に関しても一般販売はされておらず、業界的にも高価なフロアコーティングとなっております。
概算価格は一般的な3LDKマンションで25万円〜30万円前後が一般的です。

ガラスフロアコーティングの価格

ガラスフロアコーティングはUVフロアコーティング同様に塗料の価格が高く、今までのフロアコーティングに使われていた塗料の価格とは全く異なります。しかし、UVフロアコーティングよりも施工に対する手間は少なく、その分施工価格は抑えられています。とはいえ、従来のフロアコーティングよりは下地処理など施工手順は増えており、時間は掛かるためそれなりの費用がかかってしまいます。
概算価格は3LDKマンションで20〜25万円前後が一般的です。

シリコンコーティングの価格

シリコンコーティングは塗料自体の価格がとにかく安く、安価に施工ができるという点人気のある商品です。施工自体はガラスコーティングよりも少し楽になる部分もあり、安価に施工をしてくれる施工会社も多いでしょう。
概算価格は3LDKマンションで10〜15万円前後が一般的です。

水性コーティングの価格

水性コーティングは剥離も可能なコーティングで10年に一度リコートを行うのを目的として施工することがほとんどですので、安価に施工ができます。塗料自体も比較的安価であり、施工自体も難易度は低いので、施工会社としてもお安くご提供しやすい商品です。
概算価格は3LDKマンションで10〜15万円前後が一般的です。

ACCOちゃん

やっぱり一番高いのはUVコーティングなんですね!価格が安い水性コーティングも魅力的ですが、耐久性の差が気になります!

KJ

UVコーティングの耐久性は水性コーティングの3倍以上なので、価格もそれ相応です。
さらに、耐傷性や耐薬品性もUVコーティングの方が圧倒的に強いので、コスト的に問題なければUVコーティングがおすすめですね!

2022年12月現在のフロアコーティングの相場について

フロアコーティングの相場は日々変化していますが、2022年12月現在では以下のようになっております。
どこの会社もそこまで金額の差はありませんが、一部の会社ではUVコーティングよりもガラスコーティングの方が値段が高く設定されているところもあります。材料費の問題とは思いますが、あまりに安いUVコーティングの場合はサンプルなどで強さの確認をすることをおすすめします。

商品(70㎡)A社B社C社
UVフロアコーティング約30万円約20万円30万円
ガラスフロアコーティング約25万円約40万円30万円
シリコンコーティング約15万円約20万円15万円
水性フロアコーティング約10万円約15万円10万円
ACCOちゃん

会社によってはUVコーティングよりもガラスコーティングの方が高いことがあるんですね!

KJ

従来はUVコーティングよりも高いフロアコーティングはありませんでしたが、最近はガラスコーティングの価格改訂を行なっている会社も見受けられます。当社ではガラスコーティングも最高品質のものを取り扱っておりますが、UVコーティングと同額での施工をさせていただいております。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一言でフロアコーティングの相場はいくらくらいというのは難しく、種類によっても金額は異なります。
また、塗料などは価格改定によって仕入れ価格の高騰などもあります。現在では上記の価格帯で施工できる会社も多いとは思いますが、5年後にどのようになっているかはわかりません。
フロアコーティングは高価なものに感じるかもしれませんが、現時点では非常にコストパフォーマンスの良い商品です。
相場としては広さがあるのであれば、高いものでも40万円以内であれば選んでも問題はないでしょう。
ただし、しっかりとそのフロアコーティングの特徴や使っているコーティング剤についてはご確認をしていただき、調べていただいてから施工されることをお勧めします!

それでは今回はこの辺で!

またお会いしましょう!

ガラスフロアコーティング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次