幼稚園バスや観光バスのウイルス対策?有効な光触媒とは

幼稚園バスや観光バスなど多くの人が利用する場所での抗ウイルス対策は必須となってきています。
ウイルス対策として換気を行ったり、除菌を行ったりと様々ありますが、実際に菌やウイルスを不活性化させようとする対策ではその場限りとなることがほとんどです。しかし光触媒コーティングであれば、継続的な抗菌・抗ウイルス対策となりますので、通常の対策と合わせて行っていただくことで、さらに感染リスクが減ります。個人の対策と、社会全体の対策で感染症を予防しましょう。

バスのウイルス対策

従来の方法

幼稚園バスや観光バスのウイルス対策としては、従来では換気や除菌スプレーなどを使用して、拭き掃除を行うことが基本です。
最も素早く菌やウイルスを不活性化させることのできる除菌剤を使用することで、乗客や園児の安全を守っています。
しかし、多くの人が利用するバスでは除菌したそばから、新たな菌やウイルスが侵入してきます。人の出入りがあるたびに除菌剤を使用した清掃はできるわけもなく、感染リスクは次第に高まります。

光触媒を使用した方法

今までの即効性のある除菌やウイルスの不活性化ではなく、長く抗菌・抗ウイルス効果を発揮することができる方法として注目を浴びているのが光触媒です。
光触媒は酸化チタンのもつ抗ウイルス・抗菌・消臭・空気浄化効果によって、ウイルスを不活性化することが可能です。また、除菌剤にも強いノンエンベロープウイルス(ノロウイルスなど)にも効果があり、ウイルスの種類や形に問わず効果があるとされています。
この光触媒をバス全体にコーティングすることで、バスに抗菌効果や抗ウイルス効果を持たせることが可能となります。
よく触る手すりやつり革など、何度除菌しても菌やウイルスの付着しやすい場所には特に効果を発揮します。

光触媒の抗ウイルス効果

光触媒はエンベロープウイルス(インフルエンザなど)やノンエンベロープウイルス(ノロウイルスなど)の種類に問わず効果が期待されます。
それは分解対象を選択性がないからだと言われています。よって、ウイルスの突然変異にも対応できるとされております。
インフルエンザウイルスも99.9%不活性化することに成功