フロアサンディングとは

フロアサンディングは経年劣化などで傷んだフローリングを研磨して、傷んだ部分を削ることで、床材の本来の美しさを取り戻す作業のことをいいます。サンディングマシンを使い、およそ1mm程度削ることでフローリング表面をまるで新品の様な状態にします。10年、20年経過したフローリングが新品の様に綺麗になるので、張り替えるよりもコストを抑えてリフォームする際などに利用されています。

フロアサンディングができるフローリング

無垢フローリングの断面

フロアサンディングができるフローリングとは、無垢フローリングのことです。無垢フローリングは読んで字のごとく、無垢の木材を使用したフローリングであり、一枚板の木材です。この一枚板の木材であれば、チークやオークなど様々なフローリングで研磨をすることが可能です。無垢フローリングは一般的に注文住宅などで使用されることが多いフローリングです。また、挽板フローリングという無垢と複合の間の様なフローリングが存在しますが、こちらも研磨が可能です。

フロアサンディングができないフローリング

シートフローリングの断面

シートフローリングや突板フローリングには研磨はできません。もしこのフローリングに研磨をしてしまうと、表面のシートが全て剥げてしまい、素地が出ることで、コンパネの様になってしまいます。よって、シートフローリングなどには研磨ができませんので、シートフローリングがどうしようもなく、劣化してしまった時は張り替えを検討するのが良いでしょう。

まとめ

無垢フローリングと挽板フローリングであれば、フロアサンディングをすることが可能ということがわかりました。しかし、無垢フローリングなのか、挽板フローリングなのか、もしくはシートフローリングなのかがなかなか見分けられないのが今のフローリングです。研磨をしたいとお考えのお客様は一度当社にご相談ください。写真や現地調査にて確認をした後、お見積を致します。