サンロードアート(ルームアート,プライベートアート)へUVフロアコーティング

サンロードアートへのフロアコーティング

はじめに

Clean Express(クリーンエクスプレス)はサンロードアート(ルームアート,プライベートアート)へのフロアコーティングを得意としております。もしサンロードアート(ルームアート)が理由でフロアコーティングを諦めかけているのであれば、当社にご相談ください。必ずご満足のいくフロアコーティングをご提供致します。当社ならUVフロアコーティングもガラスコーティング も全て可能です。

ダイケン製サンロードアート(ルームアート)とは

サンロードアート(ルームアート)とは建築資材として用いられる床材の一種です。いわゆるフローリングの一種なのですが、厳密にいうとフローリングではありません。一般的なフローリングとは違い、少し特殊な作りをしています。下記の図を見て頂ければわかりますが、一番上にシートフローリングという化粧シート、次にMDFという特殊な板、次に合板という作りです。

サンロードアートへのフロアコーティングシートフローリングとは、樹脂フィルムやオレフィンなどのシートに、木目などを印刷したものです。これは様々なフローリングに使われている素材です。
MDFとは、木材チップを原料とし、これを蒸煮・解繊したものに合成樹脂を加えたものです。簡単にいうと木屑を集めて固めたイメージです。今まで廃棄処分をしていた木材を加工して使用する為、環境に優しいと言われています。
合板とは、木を薄く切り取り、その木目が交差するように奇数枚張り合わせたものです。

上記のように、サンロードアートは形成されており、このサンロードアート(ルームアート)はフロアコーティング業界の中で施工が難しいと言われています。

何故サンロードアート(ルームアート)はフロアコーティングが難しいのか

サンロードアートの作りについてはご理解いただけたかと思いますが、次は何故サンロードアートへのフロアコーティングが難しいのかについてご説明いたします。
まずフロアコーティングには下地処理からプライマー、トップコートと様々な溶剤を使用します。この溶剤を使用すること自体がサンロードアート には危険ということなのです。
その理由はサンロードアートに使われているMDFです。先ほども説明した通り、MDFは簡単にいうと木屑を集めて固めたものです。よって吸水性が高く、下地処理やコーティング時に隙間から水分が入ることでMDFが膨らみます。ですのでフロアコーティングを行うことが難しいと言われているのです。また施工当日の仕上がりが綺麗というだけで間違えた施工方法で施工している業者もいるとのことですが、これは非常に危険です。施工方法が間違っていれば、コーティングが床材に密着しないため、後からどんどん剥がれます。保証があるから大丈夫!と思っていても毎月補修を行うでしょうか?そういった考え方を持った業者がいることも事実です。

サンロードアート(ルームアート)の種類

サンロードアート(ルームアート)には種類があります。主な種類は以下の通りです。

サンロードアート T02L/サンロードアート T02H/サンロードアートW02…etc

ルームアート JA/JW/JK…etc

プライベートアート

Clean Expressが施工したサンロードアート(ルームアート)のお客様の声(一部抜粋)

東京/サンロードアート/Y様

サンロードアートへのフロアコーティング

詳しくはこちら

神奈川/サンロードアート/T様

UVフロアコーティングの施工
詳しくはこちら

東京/サンロードアート/T様

サンロードアートへのフロアコーティング
詳しくはこちら

Clean Expressがサンロードアート(ルームアート)に施工できる理由

当社が何故サンロードアート(ルームアート)にフロアコーティングを施工できるのかについてですが、正直なところ企業秘密の為詳しくお教えすることはできません。当社のフロアコーティングは改良を重ね、下地処理にはサンロードアート専用の下地材を使用し、施工班の技術力を最大限まで引き上げた結果、サンロードアートへの施工に成功致しました。ですので誰でもできるわけではありません。
サンロードアートのお客様にはサンロードアートにUVフロアコーティングを施工したサンプルをお送りしておりますので、お見積もりの際には必ず床材が何かをお教えください。