フロアコーティングに使われる素材の種類とそれぞれの特徴について

今回はフロアコーティングに使われる素材の種類とその特徴について解説致します。

みなさまに少しでもフロアコーティングのことを理解していただき、自分にあったフロアコーティングをご注文いただければと思います。

種類と特徴

フロアコーティングは大きく分けて4種類のコーティングがあります。

この4種類の中にさらに種類もありますが、今回は大まかな種類と特徴についてご説明します。

■UVコーティング

ウレタン樹脂などで作られたUV塗料に紫外線を照射することによって、瞬間的に硬くすることができるフロアコーティングの素材です。

施行に必要な期間が短いため、施工後すぐに入居したいという人におすすめです。

撥水性や撥油性、耐熱性や耐薬品性に優れ、滑り止め効果もダントツに高いのが特徴ですので、小さなお子様からお年寄りの方、またワンちゃんや猫ちゃんといったペットにも最適なフロアコーティング素材です。

フロアコーティング素材の中では耐久年数が長めであり、補修や塗りなおしなどにも柔軟に対応できるという利便性の高さを誇ります。

ただし、施工にかかる費用は高めであり、長く住み続けることを想定しないとコストパフォーマンスが悪くなってしまいます。

総合的に高い評価を得ているフロアコーティング素材である一方、施工者の技術力が問われる素材でもある点は無視できません。

■ガラスコーティング

空気中の湿気を吸収して多孔質ガラスを形成するフロアコーティングの素材です。

「ガラス」と聞くと割れやすいイメージをお持ちの方も多いでしょうが、実際には高い耐久性を持ち、傷がつきにくい塗膜であるため安心して利用できます。

酸素を通さないため、床材の酸化を防ぐことができます。

撥水性や撥油性、耐熱性や耐薬品性に優れたフロアコーティング素材であり、耐久年数も長く、30年ほど耐えられるケースもあるため、長期間住み続ける家のフロアコーティングに使用することをおすすめする素材です。

なお、一般的なガラスコーティングだと塩素系の洗剤に弱い性質を持っているためキッチンの施工には適していないという弱点がありますが、当社のナノガラスコーティングであるクリスタルハードコートナノであればそのような心配もございません。

■シリコンコーティング

名前の通り、シリコンで塗装するフロアコーティングです。

撥水性や撥油性、耐熱性や耐薬品性に優れたフロアコーティング素材であり、滑り止め効果も高いので小さな子どもやお年寄りが住む家のフロアコーティングに適しています。

光沢が強めであり、特に黒などの濃い目の色のフローリングに施工すると鏡面のような仕上がりになります。

逆に色素の薄いフローリングの場合は黄変する可能性もあるので、注意が必要です。

上記2種類のフロアコーティングと比較すると施工費用を安く抑えられる傾向にあります。

耐久年数は上記2種類のフロアコーティング素材よりも短めですが、10年ほど耐えられるケースも多いので、将来的に住み替えるか、コーティングしなおすことを想定するのであれば問題ないでしょう。

■ウレタンコーティング

経済的なコーティング素材で、施工費用が安く済むケースが多いコーティング素材です。

種類が豊富であり、例えば「水拭きできる」「臭いが少ない」などの特徴を持った素材があるのがメリットです。

油性・水性と存在しますが、水性ウレタンコーティングの方が品質は良く、少し割高となります。

デメリットは耐用年数の短さであり、数年で塗りなおしが必要なので、長期間住む予定がない場合や、短期的なコストパフォーマンスを考慮したいときなどにおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

フロアコーティングの素材にはどのようなものが使われ、どのような特徴があるのかはご理解いただけましたか?

フロアコーティングにはそれぞれの特徴がありますので、お客様にあったフロアコーティングを選んでいただき、後悔のないようにして頂きたいと思います。