今年もインフルエンザが猛威を振るっています。早くも全国的な流行期に入り、例年より数週間~1ヵ月早い流行となっています。

すでに警報が発令されている地域もあります。

インフルエンザ発生状況

6日に厚生労働省から発表されたインフルエンザの発生状況では、11月25日から12月1日までの報告数が27,393人となっております。都道府県別でみると、最も多いのが北海道、次いで青森県、石川県、富山県、宮城県の順番で多くなっております。

推計患者数は約18.4万人となっており、ワクチンに加え、マスクや手洗い、うがいなど、個人単位で出来るインフルエンザ対策の必要が出ています。

子供は保育園や学校などで感染する場合があります。

当然ですが、大人も電車や人混みに入ることで感染の可能性が増加します。

特に免疫力の低い子供やお年を召された方には十分な注意が必要でしょう。

コーティングでできるインフルエンザ対策

ハウスコーティングの中にはインフルエンザ対策のできる光触媒コーティングがございます。

光触媒コーティングとは、抗菌・抗ウイルス・防カビ・消臭など様々の効果があり、家中丸ごと施工できる万能コーティングです。

空気清浄機を想像していただくと分かりやすいかと思いますが、家中の壁などが全て空気清浄機の能力を持つようになるんです。

この光触媒技術は東京大学の藤嶋教授と本多教授が発見した日本の技術で、ノーベル賞受賞も近いと言われています。

光触媒コーティングの効果

光触媒コーティングの効果は家の中でインフルエンザウイルスを発生させない訳ではありません。

外から入ってきたインフルエンザウイルスを不活性化させることができると言われています。

つまりはインフルエンザウイルスを分解してしまうんです。

ですので、できるだけ家に入る前に体についたウイルスを払い落とし、マスクは家の中にはいれば一番に処分をして下さい。

そうすることでインフルエンザウイルスが家の中に入る可能性を限りなく少なくすることができるでしょう。

万が一入ってきてしまっても、少量のウイルスであれば分解してくれます。

まとめ

インフルエンザが猛威を振るっている今、自分の身は自分で守らなければなりません!

ワクチンはもちろんのこと、普段の手洗いうがいとマスクも必須です。

できる対策は全て行い、インフルエンザから身を守りましょう!

光触媒コーティングをご希望のお客様は是非当社までお問い合わせくださいませ!

光触媒クロスコーティング

光触媒クロスコーティング
クロスの抗菌・防カビ・消臭・防汚をする光触媒クロスコーティングはクロスだけではなく、その空間の空気浄化効果もあります。
クロスに付着した有害物質も時間をかけて分解することで無害化します。インフルエンザ対策としても導入されておりますので、是非ご検討ください!